「e-Liveとは」

もっと先の「自分の将来」のために
どんな世の中になったとしても
自立して生きていけるように
うまくいかないことが何回も起きたとしても、
またどこかでチャンスを掴めるように
自分の未来、将来のために
「いま、どう動くか」を子供たちに考えさせたい

さまざまな可能性を拡げるために
勉強があるのではないでしょうか?

これからの時代
もっと広い意味での「なぜ勉強?」
の答えが必要とされるでしょう

もはや就職はゴールじゃない時代

AIやロボットという新しい産業が生まれ、
外国との人やもの、文化の交流が当たり前の時代になり、
さまざまな働き方が受け入れられ、
世の中はこれまでと違うスピードで
どんどん進化しています
今の子供たちが社会に出る時代はもっと早いです

これまでにないサービスが現れ
これまでにない職が新たに生まれ

これまであった企業がなくなり
これまであった職が無くなる…

大卒で入社を決めた企業でずっと働けることは稀
安定した会社が無い時代
絶対無くならない公務員という職業も
ロボットに置き換わる日がくると言われています

働き方はこれからもどんどん変わっていき、
” 敷かれたレールはなくなります ”

こんな時代だからこそ、
自分の将来のために、自分の頭で考えて、能動的に動けること
が重要になってくるでしょう

だから、自分の将来のために、自分の頭で考えて、能動的に動いているe-Live講師を付けて、
いろんな意味で刺激を受けさせたいんです

【熱血漢】(安岡正篤の言葉より)
 幕末・明治の青年達には
 先輩に学ぼうという熱意があった。
 先輩達もそういう青年を非常に愛し、
 薫陶(くんとう)した。
 現代のように
 軽薄青年と無志操な老人が相寄ったところで、
 新時代の建設など出来るはずもない。

e-Liveが目指すはこの「熱血漢」です

「ただ単に勉強の中身を教える」という教育機関を目指してはいません

「憧れ」「目標」となる先輩を紹介したいんです

代表取締役

笠井健史