中学受験合格目標の近道

①講師の学力、指導力、出身中学がカギ

e-Liveは「講師プロフィール」を見ていただければわかるように、一般の塾講師や学校の先生よりもはるかに高学歴の講師を完全マンツーマンで付けることができます。

中学受験で合格するための指導では、ただ志望校合格のノウハウを知っているのと、講師自身が中学受験を実際に体験しているのでは質が大きく変わってきます。
また、お子様それぞれが志望する中学によって対策方法は全く違うので、お子様はできるだけ志望校出身の家庭教師に指導してもらうことが大切です。

e-Liveでは各地域の難関中学の合格経験者であり、その人数は他の塾や家庭教師以上です。
彼らは難関中学へ合格するための勉強法や対策のコツを熟知しているだけでなく合格経験があるため、その経験を活かした指導をすることができます。
また、志望校をお伝えいただければ志望校出身の家庭教師をご紹介し、その中からお子様に最も適した家庭教師をお選びいただけます。経験に勝るものはありません

②他塾との併用、e-Liveのみ、どちらも対応します

●他塾との併用

中学受験で家庭教師を活用するご家庭で最も多いのが、大手進学塾と家庭教師を併用する形です。そのためe-Liveでは、塾と家庭教師を併用した形で中学受験合格を目指すやり方もご用意しております。
大手進学塾は集団塾のため、なかなか生徒一人ひとりに合わせた志望校対策までできないのが現状です。受験の基礎力・応用力を身につけることができたとしても、中学受験で重要な「志望校対策」が不十分という例がよくあります。
そこでマンツーマンを併用する選択肢が出てきます。e-Liveでは生徒独自の志望校対策のカリキュラムを組むことができますし、塾の宿題サポートをすることもできます。教材も指定がありませんので過去問を利用した志望校の入試対策もできますし、塾のテキストを利用することもできます。

●e-Liveのみ

もちろんe-Live一本で多くの難関校、附属校、国公立上位校への合格を輩出しています。
上でも申したように、講師の多数が難関中学への合格経験を持っているからです。そのため指導力はトップレベルです。また、講師とは別に担当者がついてお子様のモチベーション管理やスケジュール管理も徹底的にいたします。

③出題傾向に合わせた指導

中学受験は、小学校で習う内容よりもはるかに多くの知識と、高い思考力、表現力が求められます。第一志望校の合格のカギは、出題傾向に合わせた学習です。
単純に志望校に偏差値が届けばいいという受験ではありません。
志望校に向けて偏差値を上げるだけでなく、「志望校の過去問傾向を分析」し、問題傾向に合った対策を取る必要があります。
e-Liveでは、小学校の内容を完璧にしてから、受ける中学の過去問3年分徹底的に演習します。
弱い単元と志望校の出題傾向に合わせて優秀な講師が完全個別で合格に導きます。

④e-Live安心システム

①東大生マル秘勉強法伝授

勉強の中身を教わる塾や家庭教師はたくさんありますが、勉強の外側いわゆる各教科の勉強方法、ノートの取り方、暗記の仕方、問題集のやり方などを徹底的に教える教育機関はなかなか聞きません。
e-Liveでは、まずはそこから徹底的にヒアリングとアドバイスを行います。
東大生や医学部生は、小学生の時から「勉強の工夫」をしていた子が多いです。
その「勉強の工夫」をアドバイスします。

②録画機能

その時教わってわかった気になって、後から忘れてしまうということはよくあります。
e-Liveのシステムには「録画機能」ができるようになっています。
講師から教わったものをその場で録画して、後で復習で利用してください。
自分がどう間違ったか、どのように講師が教えてくれたかがそのまま再現されます。「後から自分が指導受けてる動画を見ると面白くて頭に入ってきてしまう」と言う生徒が多いです。

③指導時間も自由自在

普段は週1回2回指導を受けていて、長期休みや入試1か月前などに指導時間を多くしたいという希望も可能です。
担当講師と話し合いながら進めてください。

④中学受験だからといって料金の割り増しは無し

今は全国的に中学受験をされる方が増えています。また、e-Liveでは中学受験をするのをお勧めしています。小6で受験を経験するとその後の高校受験、大学受験にも良い方向に経験が活かせます。よって、他の家庭教師のように中学受験だからといって割増料金はe-Liveにはありません。
ただ、講師はSランクを付けてください。

「日本一の頭脳集団の東大生講師、医学部生講師」と「今まで多数の合格をサポートしてきた担当者」が中学受験合格まで導きます。